BLOG

記事タイトルの付け方だけでPV数が激変【最低限守るべき5つのルール】

キーワード選定してから記事を書き始めよう!、、、タイトルどうしようかな?、、、といろいろと試行錯誤される方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、記事タイトルの付け方について「最低限守るべきルール」をまとめてみました。

 

このタイトル付けが正しくできているかで検索順位も変わってきます。そのため、アクセス数も変わります。つまりは収益に直結する重要なことですから、しっかりと基本となる部分を抑えておきましょう!

記事タイトルの付け方【最低限守るべきルールまとめ】

記事のタイトルはぶっちゃけると「内容よりも重要」です。このタイトルがズレていると全くアクセスを集めることができない状態に陥ります。そんな記事を量産しても稼ぐことができないため、最低限守るべきルールを5つにまとめました。

狙いたいキーワードはなるべく先頭に

狙いたいキーワードはなるべく先頭に持っていきましょう。これの意味がよく分からないかもしれませんね。たとえば「コーヒー エスプレッソ 豆」というキーワードでタイトルを考えるとします。

ex)エスプレッソコーヒーにおすすめな豆は?、、、、

このタイトルのようにタイトル前半に狙っているキーワードを含める必要があります。日本語として、変になるようだと無理やりする必要がありません。ですが、なるべく意識してください。

キーワードの羅列はNG

最近はさすがに見ることがなくなっていますがたまにいます。キーワードを羅列したタイトルです。よく芸能系のトレンドブログでこの手のタイトル付けを見かけるので勿体ないな~っと思います。

ex)A子さんの中学・高校・大学は?恋人・メイク・、、、、

これがNGなのは誰にでも分かると思います。これくらにしておきますね。

文字数は多くても40文字程度

よく「文字数どうしたら良いのか?」と質問を受けることがあるのですが、僕の場合は、40文字以内であれば何文字で良いと考えています。タイトルは、その記事内容に合ったものであれば文字数はあまり関係ないのかな、と。

 

それで検索順位がめちゃくちゃ変わることもないですね。さすがに、50文字60文字となるとあまり意味がないですからタイトルを短くするべきですが、、、。普通にタイトル付けすると30文字前後になることが殆どですね。

記事タイトルは1つの意味を持たせること

最近とてもタイトル付けと記事内容で意識していることは意味や関連性を1つに絞って考えていることです。ちょっと分かりづらいと思うので例を挙げてみました。

キーワード「タイトル 付け方」

  1. 記事タイトルの付け方だけでPV数が激変【最低限守るべき5つのルール】
  2. 記事タイトルの付け方は?ターゲットキーワードの検索方法も分かりやすく解説!

こちらのタイトルですが、①は「タイトルの付け方をまとめている」ことが分かりますよね?それに対して②は「タイトルの付け方」と「ターゲットキーワード検索方法」の2つについて書かれています。

 

このタイトルを見た時にGoogleのSEOがどう判断するか?です。

 

これは①の記事の方が評価されやすいタイトルになります。タイトルの付け方のみに絞って書いている記事ですから、そちらの方が検索した人に役立つと判断するでしょう。もちろん、内容もしっかりとしている前提です。

記事タイトル=記事内容であること

これを外すことはないと思いますが、記事タイトルに記していることが記事を見ると書かれていないのはNGです。それは、本当に検索者の役に立たない記事を書いているため、検索上位に表示されることはないでしょう。

 

また、タイトルにないことを記事内容としても良いのか?という逆のパターンですが、これは構わないです。そのタイトルに書いていることをより深める、補足するような内容であれば問題ないですね。むしろ、そのような補足がある方が良いでしょう。

 

さらには、自身の考察や意見など含めていくことで他にはないオリジナルな内容になっていくため積極的に書いていきましょう。

まとめ

記事タイトルの付け方だけでPV数が激変。ということで記事を書きましたが、SEOの検索順位に大きく影響します。内容もそこそこにタイトルがしっかりしていることが最低限必要になります。

 

そのため、タイトルにおける検索順位の重要性はとても高いと考えてください。適当にタイトルを付けることで思わぬ収益を逃すことにもなりますので!