STOK

SBIネオモバイル証券は「NISA」に対応しているの?【確定申告は自動だから超便利】

将来のために投資を始めよう!と考えている方がきっとこの記事に辿り着いているのだと思います!この記事では、日本株を少額から始めるに最適なSBIネオモバイル証券について書いています。

 

SBIネオモバイル証券は「NISA」に対応しているのか?確定申告はどうしたら良いのか?税金についてまとめてみました。気になるところなので知っておくべきことですね!

  • NISA口座には非対応
  • 確定申告は自動でお任せ

SBIネオモバイル証券を利用した正直な感想を「SBIネオモバイル証券の感想⇒少額投資なら利用価値あり【手数料の面で注意点】」でまとめています。良ければ、どうぞ~!

SBIネオモバイル証券は「NISA」に対応しているの?

投資というとまずは非課税口座の存在が思い浮かべますよね?NISAといえば聞いたことがあるんじゃないですか?このNISAでは税金が免除されるというメリットがあります。期間が定められていますが、投資するなら絶対に利用すべき制度ですね!

 

このSBIネオモバイル証券ですが、NISA口座に対応しているのかというと「対応していない」です。そのため、非課税にはなりません。利益が出ればしっかりと納税する義務が発生します。そのため、確定申告も必要になりますよ!

確定申告は自分でしないとダメなのか?

SBIネオモバイル証券ですが、自分で確定申告する必要性がありません。口座を解説するときに「自動で確定申告する」の項目を選択しておきましょう。

 

すると利益計算して、納税分を差し引いてくれます。全くノータッチで納税できるために、とても便利な機能です。

 

基本的には、どこの証券口座でも自動で確定申告してくれるサービスが展開されているために、投資に専念できる状態にできますね。

まとめ

SBIネオモバイル証券でも例外なく確定申告は自動で行われる設定にできるようです。NISAには対応していないのは残念ですが、日本株に少額から投資するのであれば十分利用する価値がありますね。

 

日本の高配当株につていは「日本株で配当金生活を目指すべきか?日本高配当株の始め方は?まず月1万円を目指す!」を参考にしてください!