BLOG

ブログのアイキャッチ画像はどこから入手?著作権フリーの画像サイトを紹介!

こんにちは、まさやんです!

 

ブログで記事を書くときに「画像」は挿入しますか?ほぼ間違いなく画像を利用されると思います。というくらいに画像はアイキャッチの役割として重要ですね。その画像は、どこから利用していますか?

 

画像によっては著作権があるため著作権侵害など思わぬときに訴えられたりすこともあるかもしれません。そこで、この記事では「フリー画像」を利用できる無料サービスをまとめてみました!自分のブログデザインに合うサービスを使ってみましょう!

本記事の内容
  • 著作権フリーの画像素材サービス
  • 有料だけどハイクオリティな画像素材サービス
  • 著作権について

ブログのアイキャッチ画像はどこから入手?

画像というのは著作権・肖像権があります。そのため、購入して利用する、撮影者に許可を取る、被写体の人物に許可を取るなどすればクリアできる問題です。しかしながら、それには時間もお金もかかります。そんなときにはフリーで利用できる素材画像をうまく利用していきましょう。

無料で使える著作権フリー画像

これらのサービスは商用利用可能でフリーで使用することができます。この4つを利用すれば、ほとんどOKでしょう!ほかにもどうのようサービスは多数あるので、合わないな、、、と思ったら調べてください(笑)

有料素材画像はクオリティが高い

そして有料素材も紹介しておきます!ある程度稼いで特化ブログを作ったりするときには、画像にもこだわりを持つと良いですね。記事も見た目が重要な部分もあるために、クオリティ高い画像だと目に付きやすいです。

  1. Getty Images(https://www.gettyimages.co.jp/
  2.  Adobe Stock(https://stock.adobe.com/jp/

有料で素材を探すときには上記の2つで充分ですね!素材は高いために買うには多少勇気が必要ですがwこだわりのブログを作成するときには必要経費として使用を考えて良いかもしれませんね!

著作権法とは?侵害するとどんな刑罰がある?

画像について話してきたので、ついでに著作権・肖像権についても調べてみました。

  • 著作権:美術、音楽、文芸、学術など作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利
  • 肖像権:本人の許可なく自分の顔や姿態を「撮影」されたり、「公表」されたりしない権利のこと(法律に明文化はされていない・・・らしい)

どちらに関しても言えることですが、この権利は権利を有している人が申告したときにはじめて争いになる可能性があります。なんの権利も有していない第3者が声を大にして訴えても権利がないためにどうにもならないです。

 

よくトレンドブログで芸能人の画像を利用していますが、あれはグレーです。権利者、おそらく事務所がブログに対して申告すればブログ主が悪いですね。しかしながら、いきなり裁判や損害賠償請求があるわけないので恐れないでください!

 

たまに「引用元を書けば大丈夫」といっているブログもありますが、基本的にはグレーです。掲載している時点で違反している可能性が高いです。ただ、芸能人・有名人は顔が売れてなんぼ、という面があるため事務所側もよほどのことがない限りは見逃していると思います。

 

中には厳しい事務所もあります。ジャニーズ事務所(最近はゆるくなっている)、LDH(EXILEとかの事務所)、ディズニーは厳しいため画像の掲載は控えてくださいね。もし掲載していたら、事務所より事前に通達があると思います。そちらを受け止めしっかりと画像の削除してください。

 

迅速に対応するとまず訴えられるようなことはないため、問題ありません。僕の周りでも画像引用で損害賠償請求をされたというような話は一度も聞いたことがありません。

罰則について

罰則につていは、自動車違反のように決まっているものではありません。その画像がどのように使われていた、どれだけ本人に精神的苦痛・経済的損失を与えたかによってケースバイケースです。そのため、どれほどの罰則になるかは全く分かりません。

 

ただ、芸能人の画像を引用した記事のブログ主を訴えたとしても訴えた側の裁判費用が多額になるため、見せしめでない限りそのような訴えを起こすこともないでしょう。事務所側も多忙でしょうから、多少のことは見てないふりしているでしょう。

 

名誉を棄損するような記事は避けるように、人物であればその記事を読んで好感度が高くなる内容であれば、わざわざ事務所側も訴えるようなことはしないでしょう。

まとめ

ブログを構築していく上で、画像というのはとても重要な役割を担います。画像がない記事だと味気無さがあり離脱率が上がりやすいですね。そのため、積極的に取り入れていきましょう。

 

また、画像の中には著作権・肖像権があるため、そのあたりの必要最低限の知識は知っておく必要があります。訴えが起きる前に通達があることが殆どですから、しっかりと対応することでほとんどの場合は問題ありません。

 

健全なブログ構築して余計なことを考えずに済むようにしていきましょう!