STOK

配当金生活を目指し失敗してもリスクなし?個別株の場合は損切を考えるべきか?

株式投資の配当金でセミリタイアを目指すと決めて株式について勉強する今日この頃ですが、配当金狙いの場合、購入した株式が下落して含み損を抱えた場合はどうしたら良いのか?と思いました。

 

配当金がメインだから株価については含み損でも、、、と。素人考えですがいろいろ先人たちの意見を知らべたり聞いたりしていると自分なりの答えが見てきました。

 

それはキャピタルゲインとインカムゲインのトータルリターンで考えるべきです!

 

この記事では、高配当株を買っていたけど元本が含み損を抱えている状態をどうしたら良いのか?僕なりの答えや配当金生活を目指したけど失敗!だけど人生においてはリスクがないことを伝おえします!

配当金生活を目指して失敗したどうするよ?

ヒトって不思議なことに大人になればなるほど、失敗することを恐れていませんか?生まれたときから失敗の連続だったはず。生まれてすぐいきなり歩けた人いませんよね?(笑)

 

立ち上がることに何度も失敗してやっと立てたら歩こうとしてこけて、、、。という失敗を何度も繰り返すことで経験を得て徐々に上手くなっていくと思います。

 

これは本当にビジネス、株式投資なんかも同じかなっと。

 

投資する前から失敗するかも、、、と思っているのであれば投資しなくて良いと思います。大なり小なり絶対に失敗するから。失敗することが分かっているなら、しないように事前に対策できるはずです。

 

まあ、それでも失敗します(笑)

 

僕は配当金生活を得ながらセミリタイアを目指していますが、失敗しても人生において大きな影響がないと個人的には考えています。

 

投資している先は、世界を代表するアメリカの大企業やその精鋭が集まったETFや日本の東証1部上場企業たちです。

 

配当金生活を目指して挫折したとしても配当金は消えません。企業が倒産しない限り元本が0になることもありませんからね。

 

配当があれば受け取り続けることができます。毎月5万円、いや1万円だったとしても生活が良くなりませんか?給料を1万円上げるのは本当に至難の業です。

 

だから、僕は配当金生活を目指してセミリタイアできなくても全然リスクないなって感じで投資しています!「投資が怖いな」と感じている人は一歩を踏み出してみましょう。

配当金狙いだから含み損でも良いんだよ。

「配当金狙いだから含み損でも良いんだよ。」と株式投資している最も身近な先輩が言っていました。父親ですが(笑)でも、それって本当なんだろうか?と疑問を持ったことがあるので、この記事を書いているわけです。

 

株式投資する上でとても重要な考え方があります。それは「損益はキャピタルゲインとインカムゲインを合算(トータルリターン)して考えるべき」ということです。かなり難しい単語が出てきましたね。単語の解説をしておきます!

キャピタルゲイン

株式を売買したときに出る利益

インカムゲイン

株式から発生する配当益

例を挙げるとします。100万円で株を買いました。5年後に株価が60万円でした。それまで受け取った配当金は30万円でした。という場合です。

5年後:元本60万円+配当金30万円=マイナス10万円の損失

この例のようになる高配当株に投資しても意味がない。ということです。つまり、高配当株で個別銘柄に投資するときには元本を守りつつ配当益の割合が高い株を選ぶことが重要です。

 

なんでもかんでも配当利回りさえ良ければいいってことではありません。

 

「配当金狙いだから含み損でも良いんだよ。」と言っていた父ですが、よくよく聞くと30年以上も持ち続けている株式らしくタンマリと配当金を受け取っていたようです!なるほど、だからその発言だったわけで。

  1. トータルリターンで利益が狙える株
  2. 配当利益の割合が高い株を選ぶ

この条件を満たす株に投資することで配当金生活が近づくはず!いや近くなる!

短期的な含み損はOK

個人的な考え方になってはきますが損切を考えるような銘柄は買わない方が良いです。10年、20年と持ち続けることで配当金を得られる銘柄を選定していくべきかと。目先利益を狙うのはNG!

 

父親の例を出すばかりで恐縮ですが「保有銘柄は一度も手放したことがない」と言われました。配当金狙いで株を保有するとはそういうことだったわけです。含み損の考え方として短期的な損失はOKということです。

 

まあ、でも安ければ安いタイミング投資できることは良いことですからね。個別銘柄を買っていくには、タイミングを見ながら買っていく必要がありますね!

 

ただ、時間が経てば経つほど配当金の割合が占めてくるため買値というのは誤差の範囲内になってくるんだろうなって感じはあります。

まとめると

  1. 失敗することを恐れるな!絶対に大なり小なり失敗するから!学ぼう!
  2. トータルリターンで利益を狙えて配当金の割合が大きい株を選ぶ
  3. 10年20年と持ち続ける会社を選んでいこう
  4. 短期的な業績不振による損失は気にしなくてOK

こんな感じですね!あまり短期的な損失に敏感にならなくても良いと感じます。10年後とかにトータルリターンで損失を出しているなら、そのときには別の株に乗り換えることを検討するべきかもしれません。

 

これも銘柄によるし、そのタイミングの世界情勢なども考慮しないといけませんからね。奥がかなり深そう!

 

それじゃ、またです!