STOK

配当金生活アーリーリタイア(経済的自由)は原資がいくら必要?利回りから複利で算出!

配当金で生活したいな!というと怠慢に感じますか?僕は、ぶっちゃっけ仕事したくないです(笑)それは良いとしてアーリーリタイアしたいと誰もが思うことだと思います。

 

僕はまだまだアーリーリタイアには程遠いですが、どこを目指せばいいのか分からないまま歩んでも迷ってしまうだけなので、どれほど資金が必要なのか?まず初めに利回りから計算しました。

 

投資初心者の僕が始めに理解したことなので、これから配当金生活を目指される方の参考になると思います。この記事では、いくつかのケースを考えてどれくらい原資が必要なのか確認することができます。

 

先に結果をいうと以下の時間はかかることになります。

  • 独身なら原資2160万円で18年くらい
  • 共働き(子供なし)なら原資4080万円で20年くらい

ちなみに、アーリーリタイアは完全に株式の配当金のみで生活することを考えています。

配当金生活でアーリーリタイア(経済的自由)原資がいくら必要


これはぶっちゃけると人それぞれになります。独身・夫婦・子ども・親など、住む地域、生活水準など、誰一人として同じ人は存在しません。

 

今の生活水準を維持するのか?それとも生活水準を下げていくのか?どんな生活を基準として配当金生活していくのか決めておきましょう。

 

それぞれのcaseを見ていきます。どれも税引き後配当利回り年4%(税引き前4.8%)をベースに考えていきます。想定利回り年4%が高いか低いかは判断分かれるかもしれませんが、仮定しておきますね。

 

また配当のタイミングは年1回とします。その配当を複利で回すことを想定しています。

-

case1:独身者

独身ともなればかかる生活費はかなり圧縮できますよね。民間保険も必要ないです。住むところも実家であれば最強です。とにかく無駄を削減しまくることで投資資金が増えていきます。そうなれば配当も増えていきます。

支出内訳

月手取り:200,000円

  • 住居費:40,000円
  • 食費:15,000円
  • 自動車ローン:10,000円
  • 自動車保険:2,000円
  • 水道光熱費:8,000円
  • スマホ:1,000円
  • モバイルWi-Fi:3,000円
  • 娯楽費:20,000円

残高:200,000円-99,000円=100,000円(毎月投資原資)

このcaseで考えていきましょう。ぶっちゃけると独身時代の僕の生活とほぼ大差ない感じです。それぞれの項目を深堀していはいきませんが、娯楽費も計上していますので(笑)

 

手残りが100,000円ですから、それをすべて投資に回しましょう。もし貯蓄がゼロの場合は60万円(生活費半年分)は貯金してくださいね。そこからスタートです。

 

年間で120万円貯蓄していきます。配当金も増資に回して複利運用していきましょう。その場合は以下のようになります。

年間配当額推移
  • 1年目:48,000円(月4,000円)
  • 2年目:97,920円(月8,160円)
  • 3年目:149,837円(月12,486円)
  • 4年目:203,830円(月16,986円)
  • 5年目:259,983円(月21,665円)
  • 6年目:318,383円(月26,532円)
  • 7年目:379,118円(月31,593円)
  • 8年目:442,283円(月36,857円)
  • 9年目:507,974円(月42,331円)
  • 10年目:576,293円(月48,024円)
  • 15年目:961,132円(月80,094円)
  • 18年目:1,230,980円(月102,582円)

ざっくり計算ですが、配当もすべて投資に回して複利で運用するとこの結果となります。18年目で生活費を上回る配当金を得ることができました。

 

投資原資は年120万円×18年=2,160万円

 

つまり、このcaseだと毎月10万円を投資して配当金も増資して複利で運用すると18年後にセミリタイアできることになります。ぶっちゃけるとこのcaseは結構無難で誰でも頑張ることで達成できると思います。

case2:夫婦(共働き)

夫婦共働き(子供なし)のcaseで考えていきます。配当金生活を目指すのに共働き、とくに二人ともに正社員であれば最強です!投資に回せる額が大きくなりますね!ただし単身よりも生活費は支出します。

支出内訳

夫婦手取額:35万円

  • 住居費:60,000円
  • 食費:30,000円
  • 自動車ローン:20,000円
  • 自動車保険:4,000円
  • 水道光熱費:13,000円
  • スマホ:2,000円
  • ネット回線:4,5000円
  • 娯楽費:40,000円

残金:350,000円-173,500円=176,500円(毎月投資原資)

中途半端のため毎月17万円を投資に回したとして考えていきます。ちなみにですが、自動車はなるべく1台で収めたいところですよね。新車なんて持ってのほか、金食い虫以外の何物でもありませんので。

年間配当額推移
  • 1年目:81,600円(月5,667円)
  • 2年目:166,464円(月13,872円)
  • 3年目:254,723円(月21,227円)
  • 4年目:346,511円(月28,876円)
  • 5年目:441,972円(月36,831円)
  • 10年目:979,698(月81,642円)
  • 15年目:1,633,925(月136,160円)
  • 20年目:2,429,891円(月174,389円)

ザックリ計算ですがこのように20年かかることになります。途中で子供が生まれるなどすれば計算も大きく違ってきますから、この限りではないでしょう。

 

投資原資は年204万円×20年=4,080万円

 

これが多額と感じるかはあなた次第となります。まあ、そのこの生活を目指してお互いが頑張れるパートナーを探すのは本当に重要ですよね、、、(笑)

投資先はなにが良いのか?

セミリタイアするにあたって、どういった株に投資するれば良いのか?ですが、米国高配当株ETFや日本の高配当株に投資するのがベストです。

 

米国高配当株ETFは米国で業績がよく、配当金が配当されている企業をファンドが選んで運用してくれます。その配当金の一部を僕らも貰うイメージです。詳しいことは「投資初心者が配当金狙いなら米国高配当株ETFがおすすめ!」を参考に!

 

そして日本株にも力を入れていきたいですね!日本株については単元株・S株という1株から買うことができます。ただ多くの証券口座の場合は手数料が高くて割高になります。その中で「SBIネオモバイル証券」が最も手数料が安く支持されています。

まとめ

case1でも18年。case2だと20年。生活費を上回るには時間がかかりました。これが長いと感じるのか、経済的自由になるために頑張れると受け止めるかは、その人次第です。

 

あとはボーナスがある場合は半分を増資するのもありです。多少は昇給することを考えても、、、。ぶっちゃけると、18年、20年は長いとおもいますよね?そりゃそうです。それだと始まりませんけどね。

 

だから、最もチャレンジしてほしいことは事業で稼ぐことです。このブログのようにほぼ無料で始めることができますからね。ブログについては以下の記事を参考にしてください!頑張って投資に回すお金を増やしていきましょう!

http://masato-sb.com/blog/rakuten-affiliate-3/

http://masato-sb.com/blog/lolipop/