CRYPTO

コインチェックは危ない?セキュリティ対策は大丈夫?アプリを使用した感想も!

仮想通貨と聞くとどんなイメージがありますか?「危ない」「危険」「怖い」と思う人も多いと思います。日本では大きな事件がいくつかありましたからね。

 

その中でもコインチェックと聞くと「あの多額の仮想通貨を盗まれたところだ!」と思い出す人もいるでしょう。そのあと他の会社でも不正アクセスで盗まれていますけどね!

 

ということで、この記事では仮想通貨取引所でもあるコインチェックについて「危ないから口座開設どうしようか?」と検討している方に向けてまとめています。口座開設をどうしたら良いのか、ハッキリと分かるでしょう!

  • セキュリティ対策は日本随一
  • 保有している仮想通貨100万円まで補償
  • アプリが見やすさ・使いやすさは業界No1

コインチェックは危ない?セキュリティ対策は大丈夫?

未だにコインチェックは危ない!と考えている方は多いと思います。だって当時の時価として580億円ほどのネムなどの仮想通貨が盗まれていますからね。

 

そんなリスクあるところ、、、。

 

その463億円がキャッシュとして盗まれた方に返金対応したことでも驚きました。その後は、マネックス証券株式会社が支援することでなんとか存続している状態です。

 

そんなことがあって利益優先主義から、セキュリティに利益を土返しでシステム構築しています。以前より、コインチェックではセキュリティ対策や保証が充実しています。

 

2重3重と対策が施されているようですね。ハード・ソフトの部分でもしっかりしています。公開できないこともあると思いますが、システム的にはヤバい奴が使われているとか。アメリカ軍が使うレベルとか?

 

コインチェックで公表されいるセキュリティ対策・対応などをまとめました。

仮想通貨の盗難補償(上限100万円)

もう、万が一、前回と同じように盗難事件があった場合は、100万円を上限として保証することが明記されています。前回の盗難のときには日本円にだけ対して保証がありましたが、現在は仮想通貨に対しても同じ扱いになっています。

 

逆を返せば100万円以上はどうなるのか?原則は保証しないでしょうが、世間体を見て保証することになるでしょうね。まあ、安全を期すのであれば100万円までなら仮想通貨を保有しても良いかと思います!

二段階認証

二段階認証とは、アプリに不正ログインされないためのシステムです。お使いのスマホを利用して2重チェックでアプリにログインすることができます。この設定は行っておく方がいいですよー!

SSL暗号化通信

SSL化というのは多くのWEBサイトで行われています。個人情報などを暗号化することで、その暗号化した情報が漏洩しても解読することができないためセキュリティ対策は万全のようです。

コールドウォレット構築

コールドウォレットとは仮想通貨のウォレットのことを指します。物理的に仮想通貨をインターネットから遮断したところで保管することができます(厳密にいうとちょっと違うけどほぼ同じこと)。

 

逆にホットウォレットがありますが、こちらはインターネットと常時繋がっている仮想通貨ウォレットです。そこで売り買いしてユーザーの仮想通貨の入金・送金・出金を対応しています。

アプリを使用した感想は?

コインチェックを利用するユーザーはスマホが多いと思います。個人的な感想になりますが、大手仮想通貨取引所のアプリで最も使いやすいですね、見やすさ、操作性は最も良いです。

https://twitter.com/kakip_21/status/1108225629634220032

とにかくコインチェックにならぶアプリの使いやすや見やすさと並ぶアプリがありません。そのため、仮想通貨の初心者の方はコインチェックがおすすめです!

まとめ

  • コインチェックはハッキング後は利益度返しでシステム改修
  • 仮想通貨で最も補償も充実している
  • 何重にもセキュリティを施している
  • とにかくアプリが見やすくて使いやすい

コインチェックはあまり良いイメージがないかもしれませんが、イメージで思っていても仕方ないですね。内容を見るとかなり改善させているため、安全に取引することができますよ!