CRYPTO

Chiliz(CHZ)の価格や今後の展望【FCバルセロナと締結】取り扱い仮想通貨取引所も!

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)というと「怪しい」「盗まれたやつ」「詐欺」という感じで一般の方は認識されているんだと思います。あまり印象はよくはないですが、とても未来を感じさせますよね。

 

この記事では仮想通貨の中でも、ここ最近注目されているアルトコインを紹介します。それは、Chiliz(チリーズ)です。このChilizについて、概要的な部分から今後の展望まで考えらえることや公式Twitterから得た情報を紹介していきます!

 

結果からいえばChilizは相当アツい仮想通貨です。スポーツ界では代表的な仮想通貨になると感じました。可能性しか感じない。ポジショントークとかそんなのではありませんよ~!(笑)

Chiliz(CHZ/チリーズ)とは?

出典:https://www.chiliz.com/jp/home/より

Chilizですが、Socios.comという会社が発行しているトークン(仮想通貨)です。目的は、スポーツやeスポーツのファンに、お気に入りのチーム、ゲーム、リーグ、イベントをクラウド管理する機能を提供するためのプラットフォームを開発・提供しています。

 

2019年11月3日現在における業務提携が発表されているチームがあります。以下まとめています!

Soccer

  • パリサンジェルマン
  • ユベントス
  • ウエストハム
  • ASローマ
  • アトレティコマドリード
  • ガラタサライ
  • FCバルセロナ

eSport

  • OG

サッカーファンであれば、絶対に知っているチームばかりですね。ヨーロッパサッカー好きであれば、提携しているこの全てのチームを知っていないとモグリです(笑)さらに、まだ明らかにしていないチームも多数あるようです。

 

2月初旬にあのFCバルセロナと業務提携を締結しています!

 

これらの提携したチームがチームの仮想通貨(トークン)を発行することでファンが保有します。保有数に応じてさまざまなサービスを受けることや投票に参加することができます。

 

例えば、ユニフォームのデザインがA,B,Cとあったとします。ファンは自分が来季着用してほしいデザイン案をAと投票することが可能です。チームトークンの保有量により投票数も変わってくるようです。ほかにも、さまざまなサービスを考えることができますね!

情報商材販売者の泉忠司氏がプレセール?

このChiliz(CHZ)ですが、日本では情報商材販売者としても名高い泉忠司氏による事前販売(プレセール)が行われていました。泉忠司氏がどんな人物かはググってください。

 

そのため「詐欺では?」「不安だ。」「金返せ!」という意見も噴出してChilizは本物なのかも疑われました。ですが、これは真っ当なホンモノでした。

 

プレセール(ICOではなかったはず)で行われた金額は0.032ドルでした(アレックスCEOに確認済み)。よく情報商材販売者は、2倍・3倍なかには10倍にして売りつけて、その差益を利益とする人もいましたが、このChiliz(CHZ)はそれはなかったようです。

 

ただし、このChilizを広めた泉忠司氏は0.022ドルで購入することができたとか。それが紹介者の報酬ということですね。

-

Chilizの取り扱い仮想通貨取引所

Chilizは仮想通貨取引所で両替することができます。これからさらに上場する取引所を増やしていく可能性もありますが、現状の取引所で最も安心できるのはBinace(バイナンス)です。

Chiliz(CHZ)の価格

 

Chilizだけでなく仮想通貨は株式のように瞬時に価格が変動しています。株式は市場が開いているときだけですが、仮想通貨は365日24時間市場がオープンしています。

 

僕が記事を執筆した2019年11月3日現在は0.012798ドル。プレセールの3分の1くらいになっています。上々な立ち上がりと見て良いでしょう。最近のICOは上場してクズみたいになったものが大半ですからね。

今後の展望は?

Chilizの今後の展望ですが、2019年11月にユベントスがファントークンを発行しています。そして、他のチームもファントークンを発行することが決定しています。現在公開されている情報は以下の通り。

  • 2019年11月:ユベントス
  • 2020年1月:パリサンジェルマン
  • 2020年1月:アトレティコマドリード
  • 2020年2月:ウエストハム
  • 2020年2月:ASローマ
  • 2020年2月:ガラタサライ
  • 2020年3月:OG

これはスゴいスケジュールですね!各チームのファントークンがリリースされるたびに価格が上昇する可能性を秘めています。まだまだ加盟チームが増えていくとのことですから、さらに期待が高まります。

【注意】Chilizに偽物

仮想通貨あるあるですが、このような人気のあるプロジェクトには偽物が湧いて出てくることがあります。

このTwitterですが、CEOのアレックス氏のアカウントです。「Alexandre Dreyfus」という名前ですが「Alexandre Breyfus」というDとBが違うだけで同様の写真を使っているアカウントもあります。

 

あと正しくは「Chiliz」ですが画像を見ると「chilic」となっています。Chilizの始めのころは「chiliZ」と名乗っていましたが、現在の正式名称は「Chilizもしくはchiliz」です。

 

恐らくですが、フォロワーが増えると「Chilizをこちらに」というような案内を出す可能性があります。大半の方は騙されませんが一部の人が引っかかればOKという感じでしょう。

まとめ

Chilizですが、スポーツチームがファントークンを発行することでいろいろなことに投票することができます。ファンが直接チームの決め事に参加することで、満足度が増していきます。ファンもさらにファンになり応援する気持ちが高まりますね。

 

すでに世界的に有名なサッカーチーム、eSportチームとも提携が決まっています。さらに提携チームは増えていくんだとか。Chilizは本当にこれから成長著しい企業になると感じました。また、情報が出てきたらChilizの記事を書いていきますね!

 

それではまた!