BLOG

トレンドブログでアクセスを「爆発させる」具体的な例【無名⇒有名=爆発】

ブログを運営していて収益よりもアクセスの方が気になる!って方いませんか?僕もやっぱりアクセスめっちゃ気にします!爆発的にアクセスを増やしたいですよね?

 

そこで、この記事ではトレンドブログでアクセスを「爆発させる」具体的な方法を解説していきます。どういった条件で爆発的なアクセスが来るのか、しっかりと理解しておく必要があります。

 

なんとなく、、、だと再現性がありませんからね。それでは早速解説していきます!

本記事の内容
  • 爆発的なアクセスを集める条件
  • トレンドブログで爆発させた具体的な例

爆発的なアクセスを集める条件

まず、どうして大量のPVがあるブログはアクセスが集まるのでしょうか?「・・・そりゃ、SEOで検索順位が上位にあるからだろ!」と言われそうですが、半分正解ですね!

 

もう半分は「そこに検索需要があるから」です。検索順位が上位で需要があるからこそアクセスがを集めることができます。

 

たとえば「あたたかい アイス」というキーワードで検索順位が1位だとします。普通はそんなキーワードをググる人っていませんよね?そのため、検索順位が1位でもアクセスがありません。

 

ですが「あたたかい アイス」が実在してテレビ番組で放送されたどうでしょうか?検索順位が1位だったら、めちゃくちゃアクセスが集まる、アクセスが爆発しますよね?これがアクセスが爆発の原理です。

 

つまり「無名(検索需要がない)」ものが「有名(検索需要が増える)」になったときに検索順位が1位であればアクセスが爆発することが分かります。【無名⇒有名=爆発】の法則です。さらに【無名=ライバル記事が少ない】ため初心者が狙うべきです!

アクセスを爆発させる具体的な例

これだとまだ「んーーーー」という感じの方がいると思うのでさらに具体的な例を挙げていきますね!実際に使えるので是非参考にしてください!

①芸能人の不祥事ネタ

これはアクセス爆発の鉄板ネタですね!誰だって分かりますよね?たとえば「沢尻エリカさんの不祥事」がありましたね。かなり騒がれましたが、どんな記事を書きますか?

 

「沢尻エリカがMAM〇所持で逮捕!」というようなタイトルを頭に浮かべた方は爆発させることはできません。これらのタイトルはメディアで上がっているため個人ブログは勝てません。さらに、この事件を検索する人はどんなことを知りたいでしょうか?

 

記事には「某バーで入手」と書かれていました。それを見た人は「どこのバーなんだろうか?」と思いますよね?もし、そのバーがどこか特定できたらアクセスが爆発的に伸びます!見つけられなくても「沢尻エリカが夜遊びしたバーはどこ?」などいろいろなキーワードからタイトルを考えることができます。

 

記事を読んだ人は既に速報で流れているニュースからどういったことを知りたいのか?そういった考え方で狙うキーワードを考えてみましょう。

 

ただし、不祥事ネタは誹謗中傷にならないように心がけてください。内容によってはアクセスを集めることができたら途中で記事を削除した方が良いです。とくに危険性のあるドラッ〇などの報道は削除しておきましょう。そんなところに自社商品の広告を掲載してほしくないですよね?

不祥事ネタの拾い方

不祥事ネタの拾い方ですが、ニュース系のアプリをダウンロードしておきましょう。LINEニュースでも問題ありません。ニュース系アプリは速報を必ず逃さないように発信者が専属でいますからね~。

②芸能人の不倫・結婚ネタ

芸能人の不倫・結婚ネタも爆発的なアクセスを集めることができます。たとえば、橋本マナミさんが結婚されましたね。お相手は1歳年下のお医者さんです。となると、どこに注目が集まりますか?

 

お相手のお医者さんですよね!その人は誰だ?ってなります。もしこれが売れない芸人だったりしたら人物名が報道されますね。そうなると無名だった人が一気に注目されて有名になります。ネタの拾い方は①と同じです。

③有名人が赤裸々告白

初心者であればあるほど、取り組んでほしいのが有名番組をチェックすることです。有名人のカミングアウトが放送されることってありますよね?たとえば「実は僕はイジメられた経験がある」という内容が放送されたとします。

 

すると「人物名+イジメ」の検索キーワードが需要が出てきます。そうなると初めてのカミングアウトですから、誰も記事を書いていない。さらにはテレビ番組を視聴している人しか書くことができないため、めちゃくちゃライバルが少なくなります。

 

もちろん、記事を書く前にすでに記事がないかは確認して取り掛かりましょう。

ネタの拾い方

原則、テレビ番組を視聴するべきですがTwitterのトレンドキーワードを見ることで、いま話題となっているツイートを知ることができます。よくテレビ番組の内容でバズっている事柄が上がっています。

④ペンタゴン(商品)

「ペンタゴン」と聞いて何か分かる人はいますか?たぶんほぼ知らないと思います。これは「傘」です(笑)なんで傘が爆発的なアクセスを集めることができるんだ?と思うかもしれませんが、これも無名が注目された事例です。

 

このペンタゴンという傘はめちゃくちゃ軽くて頑丈です。それが確か王様のブランチで紹介されたことで一気に注目が集まりました。「ペンタゴン 購入」「ペンタゴン amazon」「ペンタゴン 楽天」などのキーワードで流入がかなりありました。

 

人物だけでなくて「物」も注目が集まれば無名でもそこに検索需要が伴いアクセスを集めることができます。

ネタの拾い方

テレビ番組の予告・テレビ欄などから探し出すこともできます。原則はテレビを視聴していないと分からないネタが多いですね。

⑤観光地

有名な観光地であればすでにライバル記事が多いと思いますが、地元の人が知る穴場的なスポットがあると思います。そのスポットが突如テレビで放送されたらどうでしょうか?それも注目が集まりますね。そういうことでもアクセスが爆発することがあります。

 

「エンジェルロード」というスポットが地元にあるのですが、そこは全国的に知られていなかった観光地でした。ですが、ある全国ネットの旅番組(たしかゴールデンタイム?)に取り上げられたことでアクセスが急増しました。

ネタの拾い方

観光地の場合は、テレビ欄などで拾らうことができます。すべてがそうではありませんが、地名やスポット名の記載がある場合もよくあります。

⑥自然災害ネタ

自然災害ネタもめちゃくちゃアクセスを集めることができます。東日本を襲った豪雨では、記事を量産して1日アドセンス広告が100万円をこえた猛者もいるくらいです。爆発力が違いますよね。

ネタの拾い方

ニュース速報を見て書く!だけです。素早く書き終えることで上位を取りやすいです。さらに豪雨災害のような広範囲に被害がある場合は「土地名+被害」「河川名+氾濫,決壊」など横展開して記事を量産できます。それらを相互リンクすることで回遊して、記事がSEO上でも上位に表示されやすくなります。

まとめ

「トレンドブログでアクセスを「爆発させる」具体的な例」ということで解説しました。お分かりのように、爆発的なアクセスを集めるには「人物・事件系のネタ」が手っ取り早いです。

 

かなりレスポンス勝負なところがあります。速報と共に記事を書いていくことができないのであれば「これから売れそうな芸人・アイドル・俳優・女優」について書いておくと急にアクセスが集まることも多々あります。

 

「無名⇒有名⇒アクセス爆発」の法則を覚えておきましょう。まだまだ方法はありますが、自分にあった方法でネタを探してみましょう!